総合ニュース  2007年09月28日 18:27

■新司法試験 本学から14人が合格 昨年度に比べ7人の増加

 法務省は9月13日、2007年度新司法試験の結果を発表した。本学からは111人が受験し14人が合格した。

 大学別合格者数は、1位の東京大が178人、次いで2位の慶応大が173人、3位の中央大が153人だった。本学は昨年と順位は変わらず28位。合格者は7人増えたが、合格率は13%にとどまった。
 受験者総数は4607人で、最終合格者数は1851人。合格率は40%だった。
 今回は法学を学んだことがない人のための「法学未修者コース」(3年制)の修了者が初めて受験し、635人が合格した。合格率は32%。「法学既修者コース」(2年制)の合格者数は1216人で、合格率は46%だった。
 本学の合格者14人中既修者は11人、未修者は3人だった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.