総合ニュース  2007年08月09日 17:59

■国際関係 金谷ゼミ まんじゅう1万個売る 記念して参加者に無料配布

 国際関係学部の金谷尚知教授(NGO/NPO論)のゼミナールが企画、製造した郷土菓子「みしまんじゅう」の販売個数がこのほど1万個を突破した。

 同ゼミは7月7日、好調な売り上げを記念して、静岡県三島市の南二日町広場で開催された「三島馬鈴薯(ばれいしょ)まつり」で、昨年12月から販売をしている姉妹菓子の「みしまいっパイ」とともに、200人の参加者に無料配布した。
 「みしまんじゅう」は、あんに同市特産のジャガイモを使用。パッケージや三島の歴史、文化などを紹介した同封のしおり、オリジナルキャラクター「じゃが子」などのデザインもゼミ生が手掛けた。昨年11月からJR三島駅のキヨスクなどで、8個入り735円、12個入り1050円で販売している。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.