スポーツニュース  2007年07月19日 17:26

■バドミントン関東学生 大島・佐伯組がV 田村がシングルスで4強

 バドミントンの関東学生選手権が5月28日から6月25日まで東京都立川市の泉市民体育館などで行われ、男子ダブルスで大島一彰(法2=埼玉栄高)・佐伯祐行(同=岡山・水島工高)組が優勝した。男子シングルスは田村潤(同3=埼玉栄高)がベスト4に入った。

 大島・佐伯組は準決勝で第1セットをジュースの末23―21で勝利。第2セットもものにした。決勝の第1セットでは大島が得意のスマッシュを打ち分け、得点を重ねた。前衛の佐伯とも息の合ったコンビネーションを見せ23―21で勝った。守勢に回った第2セットは14―21で落としたが、気を引き締めて臨んだ第3セットは21―17で取り、優勝を決めた。
 見城忠昭監督の話 大島・佐伯組は油断している場面もあったが、リラックスして試合ができていて良かった。田村は第1セットの単調な攻めが悔やまれる。安定したプレーができるのでこれからに期待したい。

バドミントン.JPG

ポイントを決め、ガッツポーズを見せる佐伯

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.