スポーツニュース  2007年07月19日 15:29

■フェンシング入れ替え戦 男子フルーレ1部残留 2部首位の日体大に圧勝

 フェンシングの関東学生リーグ入れ替え戦が6月24日、東京都世田谷区の東京農業大学桜丘アリーナで行われ、本学は男子フルーレで2部1位の日体大に勝ち、1部残留を決めた。

 1番手の柳岡真人(商3=秋田・御所野学院高)が5―0とリードし、上々の滑り出し。2番手の草野雄太(文理2=福島・磐城桜ケ丘高)は5―4、3番手の中野拓主将(法4=埼玉栄高)が5―1で差を広げた。以後も相手を3点以内に抑え、トータル45―20で勝った。
 中野主将の話 序盤は相手の出方を見た。落ち着いて自分たちの力を出せたのが良かった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.