サークルニュース  2007年06月28日 15:57

■理工 自動車技術展に参加 小学生に製作過程を説明

 社団法人自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展2007」が5月23日から25日まで、横浜市のパシフィコ横浜で開催された。本学理工学部からは、円陣会(山崎祥史プロジェクトリーダー=理工学研究科博士前期課程1)や堀内伸一郎教授(工業力学)の指導する研究室など7グループが参加した。

 本学が担当したのは、自動車技術を小学生に紹介するコーナー。自動車という身近な対象を通じて、ものづくりの楽しみや苦労を伝えた。円陣会は、9月に行われる全日本学生フォーミュラ大会に出場するために自作中のマシンを展示。製作過程が理解できるよう工夫を凝らした。子どもたちの疑問に答える質問コーナーも好評だった。
 同展は、国内外の自動車技術者だけでなく、社会一般への自動車技術の周知を目指し自動車技術会主催で毎年開催されている。今回が16回目。
 円陣会・山崎プロジェクトリーダーの話 子どもたちから質問がたくさん出て良かった。この中からエンジニアを目指す人が出てきてくれたらうれしい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.