スポーツニュース  2007年06月02日 11:18

■ヨット関東学生春季 早大に敗れ総合2位 男子6年ぶり優勝逃す

 ヨットの関東学生春季選手権は4月28日から5月4日まで神奈川県の森戸海岸沖で行われ、本学男子は470級、スナイプ級ともに2位となり、総合2位だった。優勝した早大に81ポイント差をつけられ、6年ぶりに優勝を逃した。
 

 初日には470級、スナイプ級ともに3艇が出場し、4レースを行う。2日目にも2レース行い、計6レースの総合ポイントで競われる。
 決勝戦初日に1位の早大に470級で36ポイント差、スナイプ級で21ポイント差をつけられた。決勝戦最終日に逆転を狙ったが、470級で40ポイント差、スナイプ級で41ポイント差をつけられ、早大に逃げ切られた。
 女子は470級、スナイプ級ともに1位と5位の成績を残し、2年ぶり総合優勝に輝いた。
 島田雅司主将の話 レース前に女子の総合優勝が決まっていたので、チームの自信となった。今後は琵琶湖で行われる関東学生秋季選手権での優勝を狙う。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.