校友・付属校ニュース  2007年06月01日 21:41

■棒高跳び国際選手権 沢野5メートル75で優勝 世界陸上への弾みつける

 陸上の静岡国際選手権が4月30日、静岡市の草薙総合陸上競技場で行われ、男子棒高跳びで日本記録保持者の沢野大地(2003年文理卒=ニシ・スポーツ)が5メートル75で優勝した。5月5日に行われた大阪グランプリでも5メートル60を記録し、国内2勝目となった。
 

 ウオーミングアップの段階で足がけいれんするハプニングに襲われたが、5メートル60を2回目で成功。その後、昨季の自己ベスト記録である5メートル75を3回目で成功し、05年の世界選手権銀メダリストのブラッド・ウォーカー(米国)に競り勝った。
 沢野は「大阪へ弾みをつけたい」と8月25日から大阪で開催される世界選手権への意気込みを語った。
 沢野は今年4月からニシ・スポーツと所属契約を結び、プロ選手として活動を始めた。現在は株式会社ライツと選手契約を結び、競技の傍ら子どもたちへのスポーツ教室の開催や講演会などを行っている。今大会はプロ転向後、初の国内戦。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.