総合ニュース  2007年02月03日 16:32

■文理資料館 博物館相当施設へ 2月上旬に教育庁に申請

 文理学部は、2月上旬に資料館の博物館相当施設登録の申請を監督官庁である東京都教育庁に提出する。本学の博物館相当施設としては、芸術、生物資源科、理工の各学部に続いて4カ所目。

 同学部は、登録条件である「年100日間以上の展示会開催」を目指して「日本の書物」展(昨年6月11日~7月23日)や「絢爛(けんらん)豪華な伝奇世界―幕末・明治期の合巻本(ごうかんぼん)―」展(同11月6日~16日)、「シルクロードの風・水・人~日本に至る遥(はる)かな道~」展(同12月5日~25日)などを開催してきた。シルクロード展の開催期間中に条件に達して、昨年12月19日には東京都教育庁と申請に関する事前の打ち合わせを終えた。
 博物館相当施設に認定されれば、国家資格である学芸員課程の「館務実習」が学内で行えるようになる。館務実習は、展示会の企画から運営に関する実務訓練で、将来的には学生の企画による展示会も可能となる。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.