サークルニュース  2007年02月03日 16:07

■理工グライダー部 関東3位に沈む 団体連覇は2でストップ

 理工学部グライダー部(稲田賢主将=航空宇宙工4)は昨年12月17日から23日まで、埼玉県熊谷市の妻沼(めぬま)滑空場で行われた第22回関東学生競技会で3位に終わり、団体3連覇はならなかった。優勝は早稲田大。

 団体戦には稲田さん、高橋晃さん(航空宇宙工4)、西山圭太さん(土木工4)のAチーム、武井賢一郎さん(精密機械工4)、早稲田耕治さん(社会交通工4)、伊沢政明さん(航空宇宙工4)、橋本真樹さん(同)のBチームが出場。両チームとも230点で3位だった。この大会で14チーム中上位12チームが3月に開かれる全日本学生選手権の出場権を手にした。個人戦では稲田さん、武井さんが共に230点で4位だった。
 飛行距離と時間の長さを競った。当日は晴天で西風が吹いていたが、上昇気流が弱く、全大学が点数獲得に苦しんだ。
 稲田さんは「飛行条件が悪くみんな不完全燃焼だったと思う。全日本では力を発揮できるように頑張りたい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.