サークルニュース  2007年02月03日 16:01

■リズム・S 富士学苑高と共演 ジャズを演奏、会場沸かす

 本学リズム・ソサエティ・オーケストラ(以下リズム・S、相沢森バンドマスター=文理・国文4)は昨年12月23日、東京・赤坂Bフラットで山梨・富士学苑高とジョイントライブを行った。リズム・SのOBが同高でジャズを教えている縁で、今回の共演が決まった。

 富士学苑高Jazzバンド部の演奏後、本学が「LOS BRUJOS DE CISAZO」など5曲を披露した。最後に本学10人、富士学苑高9人のメンバーで構成するピックアップバンドが「Don’t Stop ’til You Get Enough」を含む3曲を演奏。来場者から大きな拍手が送られた。
 相沢さんの話 リズム・Sのファンの子がいてくれて、一緒に楽しく演奏できた。演奏の出来はいまひとつだったが、3月のリサイタルまでには調子を整えたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.