スポーツニュース  2006年12月02日 20:16

■アメフット 関東大学リーグ クラッシュボウル出場権逃す

 第1Q開始5分に法大の先制タッチダウン(TD)ランを許した。同10分にRB金雄一(文理3=東京・付属鶴ケ丘高)がTDランを決めたが、トライフォーポイントランに失敗。前半を6―14で終えた。
 後半の第3Q10分にQB平本恵也(同1=東京・佼成学園高)がWR星野友啓(同3=東京・付属櫻丘高)へのパスを成功。その後、金が押し込みTDを奪った。しかし、最後まで法大の固いディフェンスを崩すことができず、大差で敗れた。

 アメリカンフットボールの関東大学1部リーグ戦で本学フェニックスは11月5日、東京都調布市のアミノバイタルフィールドで法大と対戦、13―35で敗れた。フェニックスは開幕から4連勝していたが、10月29日の早大戦に続く2連敗でBブロック1位の可能性がなくなり、Aブロック、Bブロックの1位同士が争う関東大学選手権(クラッシュボウル)出場の可能性がなくなった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.