サークルニュース  2006年12月02日 20:02

■女子ラクロス 関東リーグ戦 1部昇格へ挑戦権

 女子ラクロスの第19回関東学生リーグ戦は11月12日に全日程を終え、本学(堀倫子主将=商・商業3)は2部Aブロックで3勝2分けの2位となり、1、2部入れ替え戦出場を決めた。

 入れ替え戦出場が懸かった第4戦は10月22日、千葉県浦安市の明海大グラウンドで行われ、本学は千葉大と対戦した。
 永塚真理子選手(文理・化3)が先制点を奪ったが、その後は攻めあぐね前半を2―1で折り返した。後半開始直後、草津由布子選手(同・社会3)の得点を皮切りに、3連続得点などで突き放した。ディフェンスでもゴーリーの内藤千紗子選手(理工・電子情報工3)が立て続けにファインセーブを見せ、7―4で勝利した。
 東洋英和女学院大が同日、埼玉県越谷市の獨協大学グラウンドで東洋大と引き分けたため、本学の2位以上と入れ替え戦出場が決まった。
 最終の第5戦は10月29日、埼玉県朝霞市の東洋大学グラウンドで行われ、本学は東洋大と5―5で引き分けた。首位の東洋大と勝ち点で並んだが、得失点差で2位となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.