サークルニュース  2006年11月13日 21:32

■工 内海さん優秀賞受賞 JIA東北から表彰される

第10回日本建築家協会(JIA)東北建築学生賞の受賞者が9月22日に発表され、工学部の内海尊之さん(建築4)の作品「プロムナードを内包する学校」が優秀賞を、藤崎美代子さん(同3)の作品「COMPOSITION―包み込むように」が奨励賞を受賞した。
 同賞は、東北地方の大学や専門学校などの建築学科に在籍する学生が対象。学生が作製した優秀な建築設計に贈られる。
 内海さんは工学部の校舎を設計。キャンパスの中心にドーナツ状の建物を配置することで正面をなくし、他の棟へのプロムナード(散歩道)を作りやすくした。建物の中心は中庭で、大きな入り口を通して外からも中庭の様子が見えるようにし、気軽に入りやすい構造とした。また、中庭に面する部分はガラス張りにし、廊下を歩く学生の服の色彩が中庭に映える工夫がされている。
 藤崎さんの作品は郡山駅前の広場が舞台。休憩スペースや待ち合わせ場所などを設け、人の流れをスムーズにするよう設計した。一辺が5メートルの立方体のブースを使途に合わせて組み立て、ミニシアターやミニライブラリーが作れるようにした。
 内海さんの話 受賞できると思っていなかったのでうれしい。最終的には工学部をプロムナードで埋め尽くしたい。
 藤崎さんの話 予想していなかったのでびっくりした。来年も挑戦して、もっと上を狙いたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.