スポーツニュース  2006年08月04日 15:34

■日米大学野球 長野が日本代表に初選出

 全日本大学野球連盟は6月22日、米国で7月25日から行われる第35回日米大学野球選手権の日本代表メンバーを発表し、本学から長野久義(生産工4=福岡・筑陽学園高)が初めて選ばれた。
 長野は東都大学春季リーグ戦で、左足首打撲というけがを抱えながら、打率4割8分9厘の高アベレージを記録。本学選手として5季ぶりの首位打者、自身初のベストナインに輝いた。
 日本代表チームは7月21日に集合。練習とオープン戦を経て、23日に渡米し、米国代表と5試合を行う。また同チームは8月6日からキューバで開催される世界大学選手権にも参加する。
 長野選手の話 選ばれてうれしい反面、責任重大だと感じている。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.