総合ニュース  2006年08月03日 21:19

■芸術 中国伝媒大と協定20周年祝典 野田学部長ら出席

 芸術学部と中国伝媒大(旧・北京広播学院)との相互協力に関する協定締結20周年を記念する祝典が6月19日、北京の同大会議室で開かれ、同学部から野田慶人学部長ら7人が出席した。学部長一行は17日から23日まで中国の北京や上海を訪問した。
 祝典では、野田学部長と中国伝媒大の蘇志武学長があいさつし、記念品交換などが行われた。「国際化環境の中のマスコミ芸術人材育成」と題されたシンポジウムでは、両大学の代表者がテーマごとに研究発表した。
 同学部と中国伝媒大は、1986年に協定を結んだ。その後、学生、教員の相互派遣など積極的に交流を行ってきた。その交流を基に、2005年2月には、本学と中国伝媒大が協定を締結、幅広い大学間交流を目指している。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.