総合ニュース  2006年08月03日 21:17

■JABEE 3学部の技術者教育プログラム認定

 本学の3学部でそれぞれ実施している技術者教育プログラムが、このほど第3者機関である日本技術者教育認定機構(JABEE)から「要求された水準を満たしている」と認定された。

 認定を受けたのは、生産工学部の土木工学科(マネジメントコース)と応用分子化学科(国際科学技術者コース)、工学部の物質化学工学科、生物資源科学部の海洋生物資源科学科(海洋生物資源科学技術専修コース)の4学科。
 JABEEは、大学など高等教育機関の技術者養成・教育プログラムが、技術者になるための必要最低限のレベルに達しているかどうかなどを審査する機関。2001年から審査、認定している。審査は、教育機関から提出された自己点検書や訪問調査に基づいて行われ「教育目標」「学習・教育の量」など6項目について評価する。
 認定プログラムを修了した学生は、国家資格である技術士の1次試験を免除され、技術士補の資格を付与される。今回、4学科とも05年度にさかのぼって認定されたため、今年3月の卒業生から適用されている。本学では03年に文理学部地球システム科学科と生物資源科学部生物環境工学科が認定を受けている。
 生産工学部の応用分子化学科と土木工学科は昨年6月に申請した。両学科とも4年前から、技術者教育プログラムに対応したコースを設けていた。今秋には、数理情報工学科(情報工学コース)が申請する。
 工学部物質化学工学科は昨年6月に申請。01年度に3―6年生向け、05年度に1、2年生向けにコースを設けた。そのため、認定の対象となる学生は、01年度以降に入学し、05年度以降卒業する者となる。
 生物資源科学部海洋生物資源科学科は、04年度から海洋生物資源科学技術専修コースを設置し、昨年6月に申請した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.