学術ニュース  2006年08月03日 21:06

■日大経済人カレッジ ヤッパ社長伊藤氏講演「根拠のない自信も必要」

 日大経済人カレッジ(会長=神谷光徳・冨士工特別顧問)の定例会が6月28日、日本大学会館大講堂で開かれ、ウェブ・コンテンツの制作、販売事業を展開する「ヤッパ」の伊藤正裕社長が講演した。
 伊藤社長は2000年12月、17歳の若さでヤッパを設立。顧客関係管理(CRM)にNTTドコモのインターネット情報サービス「iモード」を利用する手法を考案し、特許を出願した。CRMとは、顧客のニーズを把握し、それに応じた商品・サービスを提供しようという経営手法。伊藤社長は「コンビニで精算するときに顧客の年齢、性別などの情報を打ち込んでいるのに興味を覚えた。携帯電話に応用できないかと思った」と振り返った。現在、23歳の若さで資本金5億2000万円の企業を経営、約50人の社員を束ねる。
 伊藤社長は「偉大なリーダーは共通して“根拠のない自信”に満ちている人が多い。絶対にできる自信や腹を切る覚悟でやらないと成功しない」と語った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.