スポーツニュース  2005年12月19日 14:40

■テニス 軸丸ダブルス ベスト4入り

 テニスの全日本選手権が11月13日から20日まで、東京・有明テニスの森公園テニスコートなどで行われ、軸丸真志(法4=千葉・渋谷教育学園幕張高)、土屋哲史(藤野企画秋田営業所)組が男子ダブルスでベスト4入りを果たした。

 準々決勝では昨年の同種目優勝ペアとの対戦だったが接戦の末、セットカウント2―1で勝ち進んだ。

 準決勝は岩見亮(北日本物産)、添田豪(ミキプルーン)組との対戦。第1セットは岩見、添田組に主導権を握られゲームカウント3―6で失った。続く第2セットも反撃の糸口を見つけることができず2―6に終わり、セットカウント0―2で敗れた。

 軸丸選手の話 相手と実力に差はなかったと思う。だが相手の両選手とも、シングルスでも準決勝まで勝ち進んでいた。その勢いに押されてしまった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.