スポーツニュース  2005年11月21日 13:48

■ハンドボール 全日本学生選手権 4年連続で3位に入賞

 ハンドボールの全日本学生選手権は11月5日から9日まで神奈川・川崎市とどろきアリーナほかで開催され、本学は準決勝で敗退し4年連続の3位に終わった。優秀選手賞に内田雄士(商4=熊本市立商業高)、特別賞に門山哲也(同=埼玉・市立浦和高)が選ばれた。

 筑波大との準決勝は、前半8分までにエースの門山の5連続得点で6―1とリード。そのままペースをつかみ、14―11で折り返した。しかし、序々に失点が増え、残り10分で逆転を許し、29―31で惜敗した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.