サークルニュース  2005年11月21日 13:36

■能研 自演会で他大と交流 「天鼓」で喜びの舞い踊る

 能楽研究会(遠藤綾会長=文理・史3)は10月16日、東京・矢来能楽堂で第45回関東観世流学生能楽連盟の自演会に参加した。今回は、京都学生連盟から立命館大、同志社大が賛助出演した。

 他校との舞台交流の一環として観世流の舞を披露することが自演会の趣旨。遠藤会長は今回初めて「天鼓(てんこ)」を舞った。天から降りた鼓を持つ、天鼓という少年の霊が喜びの舞を踊るという中国後漢時代の説話に基いた演目。

 遠藤会長は「飛び返りは初めてで、緊張しましたがうまくいきました。気分が高揚する演目なので謡(うた)いと合わせるのが難しかった」と振り返った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

うにゃー@秘書 from 能研の日常
今日は自演会でした。 演者の皆様、ありがとうございました、お疲れさまでした。 先輩方、今日までのご指導感謝します。 他の大学の方々の仕舞を見るのは、と... [続きを読む]

Tracked on 2005年12月22日 14:13
このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.