スポーツニュース  2005年09月14日 12:13

■男子バスケ リーグ戦初戦法大に2連勝

 男子バスケットボールの第81回関東大学リーグ戦は9月10日、千葉・浦安市運動公園総合体育館で開幕し、本学レッドシャークスは初戦を法大と対戦。1日目を延長の末95―87で、2日目を83―56で勝利しリーグ戦第1週を2連勝で飾った。

 本学は春のトーナメント決勝で敗戦した法大に対し第1戦、序盤は相手のペースで始まる。第2ピリオドからはこの日、34得点の活躍を見せた菊地祥平(経済3=付属山形高)が激しいマークを受けながらも得点を重ね接戦となる。試合は78―78延長戦へ突入し八井雄大(文理4=広島皆実高)が残り1分30秒で3Pシュートなど連続ポイントを決め8点差の95―87で本学が制した。
 八井選手の話 下級生の成長で選手層が厚くなった。お互いに信頼し合い安心して思いっきりプレーができている。
DSC_585858.jpg
好調なオフェンス力を発揮し1on1から切り込む#9呉屋
DSC_31103110.jpg
第1戦、45分のフル出場でチームに貢献した2年生#15齋藤

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.