校友・付属校ニュース  2005年07月22日 22:01

■明誠高 特別進学コース設置へ

 付属明誠高が来年度4月1日から教育課程を変更、既存の英語コースと理数コースを合わせ「特別進学コース」に名称を変更、カリキュラム改定することが6月3日の理事会で承認された。

 教育方針や教育活動全般を再点検して、より効果的な指導を実施することなどが目的。
 
 また、より良い生徒募集を可能にすることを狙った。
 
 同高はこれまで4年間、入学時に決定する英語コースと理数コース、2年次から文系と理系に分かれる普通コースによるコース制を採ってきた。しかし中学3年次の時点では、生徒の希望進路は多様化していて対応できないため、普通コースは現状維持したが、英語コースと理数コースについては廃止して特別進学コースに名称を変更した。

 同コースでは普通コースと同じように2年次から文系と理系が選択できるようになっている。人数は1クラス約30人を予定しており、本学をはじめ難関私大、国公立大への入学を目指す。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.