スポーツニュース  2005年07月22日 16:58

■弓道全国選抜 男子団体が準優勝

 弓道の第17回全国大学選抜は6月26日、東京・明治神宮で開催され、男子団体は決勝トーナメント優勝決定戦で立命館大に9中対5中で敗れ準優勝した。女子団体は3位決定戦で国際武道大に6中対5中で敗れ4位に終わった。

 男子団体は前半、立命館大と互いに1射目は的を外さない同点での争いだったが、2射目から町田健彦(法3=茨城・石岡商高)が矢を外したのを引き金に、印出井勇臣主将(法4=栃木・作新学院高)以外の4人が連続で競射に失敗し、これが敗因となった。

 印出井主将の話  集中力が切れた情けない終わり方だった。8月の全日本選手権で気持ちを新たに頑張りたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.