学術ニュース  2005年07月13日 18:54

■大学院理工学研究科 ナノ研究の成果を発表

 大学院理工学研究科は6月4日、駿河台校舎1号館CSTホールで「ナノサイエンス研究プロジェクト」のプレポスターセッションで10件の研究成果を発表した。
 

 プロジェクトは、2004年度の文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業に選定されている。同事業の3プロジェクトが集まった同研究科のナノ材料分野の研究を発展させ、新たな物質や材料を作る技術の確立を目指している。

 あいさつでは、同事業運営委員会委員長を務める小嶋勝衛理工学部長が「ナノサイエンスは、非常に小さなスケールでの研究であるが、社会にとって大きなスケールの貢献となる」と述べた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.